40代無職男の新しい還暦

自分をどうにかしたい

タイマー学習

初回雑感 2017年9月19日

タイマーで時間を区切り学習や作業をすることで、

集中力の持続などの効果を得ようという手法があります。

数年前から試そうと思っていてやらなかった。

算数の学習も始めたということで本日9月19日タイマー学習を試して見ました。

スマホの時計のアラームを使用。45分間。課題は小学中学年の算数。

 

結論として効果は高く有用と感じました。

 

過去、そして昨日もですが、

例えば数学の課題に取り組むとき、シンプルな計算問題でも2,3問も解くと、

ぽてーんと横になってしまう。

そして全然別のことを考え出したり、取り組んでいる問題集を全部解き終えたらどうしよう等、妄想の世界に入っていったりしてしまうわけです。

そこまで行くともうやらない。

気持ちの持続がそこで途切れてしまい、続きをやるというのが非常に困難。

 

今日もやはり数問解くと、ドテンとあおむけになってしまう。

計3,4回寝たり起きたりしてしました。

それはつまり、ちょっとやると止めてしまうがしまうんですが、

その度にアラーム鳴るまでやるんだわ、と身を起こして再開することができたということでもあります。

さらに、アラームが鳴ったときハッとする感覚があり、問題を解くことに対して軽く没入状態にあったかなとも思えました。

 

ただ45分終えて、じゃあまた45分やるかというと、できませんでした。

まあ今日はこんくらいでいいじゃないの感。

 

設定時間を15分など短くして深い集中を繰り返すという方向性もあるのですが、

ひと段落という状態が入るとそこを乗り越えて続けられるかどうかあまり自信が無い。

しばらくは設定時間を少しずつ伸ばしていこうかと思います。

 

他の課題や部屋の片付けでもやってみよう。