40代無職男の新しい還暦

自分をどうにかしたい

新しい姿勢で新しいブログをやりたい

 

何かしらの効用を閲覧者に提供できる

再訪してもらえるようなブログを作ろう

 

仮案

「イラスト付きブログ」

「漫画など好きなものを語るブログ」

 

私が今までやってきたブログは

誰でも読むことができる状態で公開された

学習・練習記録、日記

というタイプのものばかり

しかも特に工夫もなく短期間で挫折していることがほとんど

 

参考になったり役に立つ情報もなく

エンターテイメント性もなく

共感を持ったりや反論をしたくなるような意見の記述もなかった

つまり第三者には効用の低いブログだった

 

では

まず、役に立つ情報を提供できるブログを作れるだろうか

 

特異さ希少さという価値のある情報を発信できるか

興味があったり得意なジャンルはほとんど思いつかず、技能・技術もない

難しいことをかみ砕いて平易に説明するこようなこともできない

 

早さ・新しさという価値のある情報を発信できるか

そもそも自分は情報弱者と揶揄されるような低アンテナ人間のタイプ

イノベーター理論で言えばレイトマジョリティ~ラガード

仕方なく新しいものを取り入れる層にあたる

 

というわけで無理でしょう

このブログの趣旨から言えばこの点は改善するべき案件にあたる気もするけど

 

次にエンタメ性・面白さの提供はできるか?

文章エンタメとして言い回しや表現力、ちょっとしたことでも独自の視点で捉える

これもきびしい

そういう力があったら今までのブログでもリーピト読者になってくれる人がいたと思うんだなあ

もちろん基本楽しませようという意識が低めで

すぐ挫折、低頻度更新、読みやすさは顧みない、句読点も正しく使おうとしない

という適当さなんかもマイナスだったろうとは思いますが

 

イラストを付ける

画はなかなか強い要素じゃないでしょうか

イラストや漫画は興味のある分野でもあり

自分が閲覧者だとすると

上手いのはもちろん、まだ拙い、という状態もどう向上して行くのかちょっと興味のもてる要素に感じる

 

それにこれは継続訓練の課題として設定している漫画絵の練習とかぶるので

自分自身にとっても相乗的な意義があるのもいいところ

ただ

過去に絵の練習ブログで4コマちょっと載せたりしたけどそれでどうだったかと言うと

閲覧者の効用にはつながらなかったようですが

ちょっと考えてみよう

 

最後

共感や反論を生むような意見や主張を持ったブログ

どうかな

今の時点であまり規範的なことは扱いたくない

明るく楽しい方が良いですなあ

いろいろブログ拝見して、ほうほうと思いながら見るのは

自分が楽しかったフィクション作品などについての感想記事

これかな

ブログで何か伝えたいことを書き述べたことがほとんど無かったな

劇場版ヱヴァンゲリヲンについてどこかで1記事だけ描いた覚えがあるくらいか

リアルの生活で自分の好きなものについて語る相手もいないし

 

とにかく好きなものを語ってみましょうかね

まあ漫画とか小説、アニメなどを語りましょう

正直それをしたところで第三者にとって効用があるかどうかわかりません

退屈な話でしかないかもしれないけれど

自分にとっては楽しそうな作業に思えてきたぞ

一度試していいものに思えます

 

仮案

「イラスト付きブログ」

「漫画など好きなものを語るブログ」

この2つかな

目指せ楽しいブログ